信用調査会社の管理条例

日本到着。
昨日は、疲労困憊の状況だったので、機内では、小一時間PCを広げただけで仕事は断念。
今朝、朝一で時事通信の連載原稿を書き上げる。
信用調査会社の条例が、3月15日から施行になるのでこの内容。
個人情報の取得は、大きく制限がくわえられ、宗教・血液型・病歴などの情報取得は禁止され、個人財産や納税状況等も、本人の同意がなければ収集できなくなる。
因みに、法により公開されている情報や、企業の董事・高級管理職の職務履行に関するものは、制限から除外される。
一方、企業情報の取得に対しては、それ程大きな影響はなさそうである。
昨年、一時的に信用調査会社の情報収集が制限され、信用調書の取り寄せに混乱が生じた事がある。
最近は、問題は沈静化しているが、この様な形でルールが制定された事で、円滑な運用が行われる事が期待される。

今日は、最寄りの税務署に行って、確定申告をしなければならない。
そのため、昨晩は、深夜まで証憑書類を整備して、申告書の作成に没頭していた。
これから税務署に出発。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です