広州市政府の会議に招かれる

会議室と任命書

今日は朝9時過ぎに、広州市政府を訪問して会議。
これは、先週突然、広州市政府より、広州投資促進中心の専門家に推薦されたので、会議に参加してくれ、という招聘を受けたため。
どういう趣旨だかピンとこなかったのであるが、広州市の外経貿の推薦という事なので、参加しない訳にはいかなかろうと、上海出張のスケジュールを変更して参加。

会議の席で少し分かったのは、広州投資促進中心(広州市外経貿傘下)の顧問という位置付けの様で、昨年までの「広州投資国際顧問」という呼称を変更したもののようだ。
全体31名が選ばれた様だが、内訳は、会計士・弁護士事務所(KPMG、PWC、King &Wood等)、銀行(三井住友銀行、ANZ銀行等)、政府機関(国土資源局、税務局、検疫局等)に分けられる。
日本企業は3社で、専門家(コンサルティング会社、会計事務所等)は僕一人。
また、中国、欧米、日本企業を問わず、独立系の会社は他に選ばれていないようなので、まあ、選んでもらって光栄、という事であろうか。
任期は2年という事だが、何をやるかはまだわからない。
広州の投資環境の改善に対する助言、という趣旨は会議の席上説明された。
名誉職ではないかと思うのだが・・・
ただ、こんな感じで、広州市政府と会話するルートが増えた事は、当社のクライアント企業様のためにもなるであろう。
あとは、広州総経理の麦さんに任せておけば、間違いは無かろう。

任命書の授与式(ちょっとピンぼけ)

今日の会議は2時間半。
全て中国語だったので、ちょっと疲れた。
会議終了後、14時の電車で香港に戻り(香港16時着)、そこから上海に移動。
香港19時発(上海21時半着)の飛行機なので、夕食は空港で食べる事になりそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です