亀一改め杉山氏

日本所長の杉山君は、僕と10年間一緒に働いている。
最初は、亀一と呼んでいたが(竜一の竜の字が中国になく、亀一と間違えられたという逸話からあだ名が出来た。本名が杉山亀一だと思っている人もいる様だがそうではない)、2年ほど前から、杉山所長とブログに書いているので、「どうしてですか」とたまに聞かれる。
亀一と書き始めたのは、彼が20代の頃だったが、いまでは当社の日本所長でもあるので、さすがに亀一では会社の信用にもよくなかろうと思って、記載を変えたものだ。
ただ、ブログで亀一と書き始めたら、随分、彼の認知度が上がったので、それなりに効果はあったと思うのだが、彼曰く、「亀一は、水野さんが作り出した架空人格で、僕ではありません」という事らしい。
彼は、仕事では僕に随分気を遣っているが、仕事を離れると結構つっこみを入れてくる。
たとえば、半年ほど前、独立起業時の事を雑談していた時。
「あの上司(退職時に対立した上司)はひどかったよね」というと、「そうですね。でも、僕が水野さんくらい自由に本書いたりTV出たり講演したりしたら、水野さんも僕の事生意気だと思うでしょ」とさらっと返したりする。
とは言え、腹が立たないのが彼のキャラと言うべきか、長年一緒に仕事をしているからか。
まあ、僕の会社の中で、一番長く一緒に働いているのは、広州総経理の麦さんで16年半。
次が杉山さんの10年で、その次が、上海総経理の胡さんの7年半。
長ければよいというものでもないけれど、長い事で、仕事がやり易くなるのも確かである。
僕は、最低でもあと20年は仕事をするつもりだが(会社はそれ以上存続させるつもりだ)、その時になっても、総経理クラスのみならず、今いる社員全員と一緒に仕事ができていたらよいなと思う。
会社規模を大きくしていかないと(収入を拡大していかないと)、平均年齢が上がってしまうので、その意味でも努力が必要だが。

蛇足ながら、検索していたら、2007年の頃の杉山君の写真が
今と随分違う。
僕も違うが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です