昨日の北京は意外に暖かかった

昨日、北京に移動。
搭乗したドラゴンエアのビジネスクラスシートが非常にゆったりしており、くつろぐには快適であったが、仕事をするには不向きであった。
ちょと不自然な格好で、一心不乱に文章を執筆。
機内食は、前菜の生ハムだけ食べる。
香港空港のラウンジ(27~28番ゲート付近)のサラダバーでは、生ハムが食べられるので楽しみにしていたが、普通のハムに変わっており悲しかった。
その分、機内で食べられたのはラッキーだ。

今回の出張は、北京商工会での講演なので、関係の方に北京空港でピックアップをしてもらう。
中国の空港で出迎えを受けたのは、何年ぶりの事であろうか。

到着時(17時)の気温は5度で、思ったよりも暖かい。
昨日は空気もいいし、出会う人(ホテル、レストラン、等など)も親切だ。
9月に来た時とは印象がまったく違う。
同じ街でも、天気、出会う人などによって、全く印象が変わってしまうので不思議なものだ。
こんな感じなら、たまに北京に来るのもいいな、という感じ。
ただ、個人的には、北京は器が大きすぎて苦手。住み慣れた上海の方が好きだが。

夕食は、洒落た四川料理店に連れて行って頂く。
会食後、ウェスティンホテルのバーに一人で行き、何倍か飲む。
カウンターでバーテンの男性と意気投合して話し込む。
上海人の様だが、彼女がロシア人なので、(あいだを取って?)北京に住んでるとの事。
「北京は寒いから、上海の方がいいよね」とお互いうなづきあう。
こんな世間話では、上海に住み慣れた人間同士(身内)が外地で出会った、という感覚になり、国籍の違いを感じなくなってしまう。
旅先で、こんな出会いや会話があるのも面白い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です