上海隔離・10日目(自宅隔離3日目)

上海での隔離も10日目。香港での隔離の時と、随分、メンタルの動きは違う。香港の時は、折り返し地点が、一番辛かった。また、隔離期間中、全く政府機関からの連絡が無いので(隔離最終日に、やっと、深夜0時に隔離期間は終了するというSMSが有った)、忘れられているのではないかという不安が有った。
上海では、一週間(7日)経過後に、環境が変わるという変化が有った事。最初の環境が、非常につらかったので、何も考えないようにしたこと(あと何日だ。隔離が明けたらどうしようなどの、希望、願望も、一切考えないようにした)から、却って、香港で感じたような辛さがないまま来ている。感情を殺した成果か。ただ、快適な自宅隔離になった後の方が、ふと、外に出たくなり、辛さ(というか、窮屈感)を感じることが有る。こうした感情の動きは、面白いものだと思う。9月27日以来、41日間で28日間隔離されるという特殊な状況を経験したが、これは、自分のメンタルに向かい合う時間でもあった。これが役に立つ日も来よう。

比較的重要なことを、1点書き漏れていた。7日(集中隔離)+7日(自宅隔離)の申請を、何時、どうやってやるかという点。
上海では、原則14日間ホテル隔離だが、条件を満たす住居であれば、7日+7日を申請できる。
集中隔離に入るステップだが、空港から、バスでホテルに到着したら、まず、全員一室に誘導され、書類を書かされる。曖昧な記憶では、4枚程度。しっかり書くのは、1枚目だけで、あとは、署名が主(ホテル代を、ちゃんと払いますなど)。1枚目の記載内容は、氏名、パスポート番号、電話番号、到着便と座席番号、国内住所、国内の連絡人1名の氏名電話番号程度(これは、スマホでのインプットを含めれば、隔離期間中に4~5回書かされるので、1枚の紙に用意して、すぐ見れるようにしておくと便利)。
その2枚目に、7日+7日を申請しますか?という質問があるので、それに印を付けて、署名すれば申請終わり。ただ、受理されたかどうかの連絡がなく、移動の前夜(僕の場合は、夜7時)に、やっと分かるのは、改善して欲しいところ。まあ、移動の前々日にPCR検査をやるので、その陰性結果を確認しないと、移動許可は出せない。よって、それ以前に通知できないというのは、理に適っている。ただ、「陰性判定を前提に、自宅隔離場所への移動を受理する」程度の内容でも、先に教えてくれないと、居住場所が要件を満たしていないのではないかなど、不安な想像が頭をよぎるので、精神衛生上良くない。

なお、隔離は時間単位の様で、自分は、ホテルに到着して、書類を書き終わったのが10月23日の15時なので、終了は11月6日の15時となるようだ。何はともあれ、解放まで、あと3.5日。ひと頑張りだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です