年内最後の割烹Makino

先日割烹Makinoに行った折、「年内にもう一度来て下さい。店が終わってから打ち上げましょう!」と言われたので再訪。年内最後の訪問になるな。
夜7時半まで仕事をしていたので、店到着は8時になった。

大将より、「水野さんが久々の香港という事で、香港をイメージした料理を作りました」と言われ、最初はふかひれ。次はナマコ。この日本風のナマコの調理方法が、コリコリしていて美味しい。盛り付けも、ちとクリスマス的か。

そしてお吸い物とふぐ刺し。ふぐ刺しも、バルサミコ酢をベースにしたソースを作ってくれたが、なかなか深くて良い味わい。

あん肝と野菜の薫物。

「お互い今年も無事に年が越せますね」と言いながら食事。大将とは2006年からの付き合いなので、何度同じ会話をしたことか。ただ、人生には波がある。順調な時ばかりではなく、本当に苦しい時も有る。そんな経験をしてきたからこそ、こういった一言に深い思いが加わるのであろう。ともあれ、束の間の安堵感。

最後はざるそばで〆る。そして一緒に打ち上げに繰り出すこととなった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。