引きこもりの講演準備

11月24日~12月14日は講演会(オンライン)が6回有るので、それなりに大変だ。勿論、1か月5回程度の講演会は、20年間、ずっとやり続けてきたけれど、オンライン講演会は感覚がちょっと違う。TV収録や動画撮影の様に、如何に分かりやすいレジュメ・資料を作りこむかの事前準備が、対面式以上に必要となる。
その場のノリに一切左右されず、聴講者の顔が見えないPCに向かって、「分かって頂けているかな」と自問しながら話し続ける必要がある。そんな、ちょっと孤独な環境が、個人的には気に入っている。
折悪しく、今回は、体調不良の中、この作業をやらざるを得なかったのが難儀であったが・・・

そんなある日(日曜日)。昼食、晩飯はデリバリーを注文し、部屋に引きこもって、講演会のレジュメの読み込みと追加資料の作成。「全ての米の麺は嫌い(米は好きだが)」と常々言っている自分が、急に焼きビーフンを食べたくなった。珍しい事もあるものだ。という事で、近所の台湾料理屋で、ビーフンとイカ団子を注文したが、残念ながら味はいまいち。

そして、夜はがってん寿司。若干胸のむかつきが残っていたので、酢飯が食べたくなった。こちらは満足。小肌の寿司は、冷蔵庫で一晩寝かせた方が美味しかった。昔懐かしの大船軒鯵の押しずしを思い出した。
体調不良に苦しみながらも、何時もながらの週末であった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。