出発前

2月23日に中国帰任。隔離は有るが、2020年に中国に戻ったときの様な不安や悲壮感はない。中国の工作証・居留許可を取得しているので、何かあればいつでも日本に戻れる(更に、再度中国に渡航できる)という安心感があるのが一つ。そして、隔離は経験済で、状況が分かっている点も大きいだろう。何事も経験は尊い。
とはいえ、潜在意識下のプレッシャーは有るようで、出発の前々日の夜(実家を離れる前夜)は、閉じ込められる夢を見て、無意識のうちに部屋のドアを開けて寝ていた。若いころから、ストレスが講じると、閉じ込められる夢を見る。

そして、前日、成田ANAホテルに宿泊。当日は9時50分の便だが、平常時とは違うので(検査が多い)、3時間前の到着が望ましい。とすれば、成田のホテルに泊まっても、朝は5時半起きで行動開始だ。
中国入国までに、2種類の申告(Health Declaration Certificateと税関出入国健康申告)が必要で、これが結構手間だ。完成してしまえばどうってことは無いのだが、まずは、Health Declaration。これは前日の夜8時までの提出であるが、インプット完了後、最終画面でアップロードした写真を確認すると、後退ボタンで今までの登録が失われてしまう。また、添付要求に書いてないので、一週間の健康観察記録のスキャンを出さなかったら不受理になった(再トライで、適当な場所にアップロードしたら、即受理された)。そんなこんなで、数回のやり直しを余儀なくされた。これは、(前日夜8時が期限だからといって安心せず)早めにやった方がよい。税関出入国健康申告は、インプット項目は少ないが、直近14日の滞在地域をインプットする際、前日(2月22日)から14日間しか選択できず、指定期間が不適切だと不受理になる。結局、(出発24時間以内ならば大丈夫との表示だが)当日にならないと入力できなかったので、当日朝5時半にインプット完了。

ANAのラウンジでほっと一息。蕎麦が旨い(蕎麦つゆが良い味)。これから3週間酒が飲めなくなるが、最後に一杯という気分にはならず、ダイエットコークを一杯。

免税店は、思ったよりもいろんな店が開いている。

今日は晴天だ。清々しい気分で旅立ち。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。