広州⇒深セン(深センで飲んで歌う)

朝、E−mailの整理をすると、深センに向かう。

広州から深センの電車(所要時間一時間強)は、10分に一本程度走っているので便利である。

深センにつくと、日本風(?)イタリアンレストランに行き、提携関係にある総合物流会社(内資企業)のCEO他と会食した。

ここは、30代の人間が中心の若くて元気がよい企業であるが、通関、コンサルティング、貿易、ソフトウェア、保税倉庫管理、デイリー業務代行などの子会社を有する企業グループで、北京・上海・広州・深センを始めとする中国全土に事業展開をしている。

なかなかしっかりした企業であるし、CEOや子会社の社長とは、年齢が比較的近く(といっても、僕より随分若いが!)気が合う。

話の流れで、今晩、カラオケに行こうということになったので、滞在を一泊延ばす事とした。

一旦彼らと別れ、福田保税区管理局と面談。保税区の方向性について話し合った。

その後、塩田保税区(一年ほど行っていなかった)に行き、最近認可された、物流園区の場所を確認。先ほど食事をした会社が投資した保税倉庫の看板も見つかった。

夜7時半より会食。

会食は、CEOの友人という税関関係者もJoin。WTO加盟に際して、重要な役割を果たした人間のようである。彼は、大変真面目な人間のようで、淡々と、和やかに食事をして、一次会で帰宅。タイ料理はあまり美味しくなかった。

残った6名+二次会から駆けつけた1名の合計7名で、新しく出来たKaraoke Boxに行く。

日本・香港ではちょっと考えられないほど規模が大きく、豪華なボックスである。

ロビーの豪華さに圧倒されるし、部屋も綺麗。

1時過ぎまで皆なで歌いまくった。

日本語の歌も良く揃っているが、無さそうな歌(例、ボブサップ・アラジン)の歌が有るのに、無いと困る歌(例、Bz)が無くうろたえる。

彼らも良く歌う。

若い人間ばかりで、なにやら、TVドラマに出てきそうな会社である。

瓶ビールを2ダース空けた(飲んだのは4人)。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です