東京(講演会と打ち合わせ)

朝の6時半に目を覚まし、のんびりと(あこがれの)ジャグジーバスにつかる。
軽く朝食を食べながら、講演会の準備をして、9時前にホテルを出て講演会場に出発。同じ飯田橋の会場であるので、時間的には余裕。
9時15分頃会場に到着したので、コーヒーショップで準備をしようとするが、喫茶室に人がいない。喫茶室ご使用の方は、フロントにお申し付けくださいという表示があるが、フロントにも人がいない。なんとものんびりした会場である。仕方が無いので、飲み物も飲まずに、喫茶室の椅子に座ってレジュメに目を通す。頭の中に、うっすらとウィスキーが残っている感じ。
時間が来て、講演開始。前の講演からちょっと間があいたので(2ヶ月ほど)、出だしはちょっと緊張。20分ほど話して調子が出てくる。しかし、6時間の講演会(5時間が講演時間)は、1年に1回のペースで3回目だが、徐々に体力が衰えてきているような感じがして困った。ずっと立ちっぱなしなので、足腰ものども辛い。
ちょっと、体力を回復せねば。
ただ、質問もたくさん頂いたので、大変楽しく講演を終わらせた。講演後は、幾つかコンサルティング会員の申し込みも頂いたので満足。

4時過ぎに講演会を終わらせ、ホテルに戻ると4時半。
ホテルの喫茶室で、出版社の方と、次に出す本の打ち合わせ。
その後、IT企業の方と、講演会・DVD販売等の企画の打ち合わせ。次に場所を移して、TV局の方と打ち合わせ。
7時過ぎまで、バタバタと面談を済ませると、仲間内の飲み会に参加。
男ばかり(更に、おじさんばかり)の飲み会ながら、昔懐かしい顔ぶれで、楽しく飲む。

しかし、日本は景気が良いようで、10時過ぎに二次会に行こうにも、どこにも場所が空いていない。10件くらい店に飛び込み、バーにも居酒屋にも振られ、やっと焼肉屋に席を見つける。
皆な、おなかが一杯だよ〜といいながらも、歯を食いしばって焼肉を食べ、冷麺を食べる。
最後の締めに、数名でバーに行き、水割りを1杯。さすがに耐え切れず、半分飲んだら居眠り。その後歩いてホテルに戻る。盛りだくさんの一日であった。

因みに、会食に参加した、(僕を含め)同期三人の写真。僕は入社以降中華圏に合計10年強。1名はインドに8年強(向かって左)。もう一名(向かって右)は、バンコクに5年ほど。いろいろ歩む道は変わってくるなぁと実感。宴会では、向かって右の同期より、「香港出張時に連れて行った店が悪かった」と散々責められる。僕のアテンドで、一番ましだったのは、〆に行った火鍋屋の出前一丁だったとか・・・
なかなかいい奴ではあるが、言いたい事を言う奴でもある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です