香港(体調がよい)

昨日、外資企業に対する借入規制の経緯と現状に付いて、5千字程度のレポートを書き上げ、会員企業の方々に配信した。今日は、それに対する質問の電話が3本かかってくる。そうでなくても、最近、本件に対するご質問が多く、企業の方々が如何に困っているかがわかる。規制がそのまま厳格に運用されると、大混乱になる事が容易に想像できるので。ともあれ、まともな(現実を重んじたという意味)対応を期待したいが如何なものか・・・

それはさておき、一昨日(15日)の昼より、シャンパンが飲みたくなったが、その日の夜に行ったバーでは飲む事ができず、飲みたいモードが翌日に持ち越してしまった。昨夜は、出張者と会食予定であったので、イタリアンをオファーしたら、あっさり却下。そこで、「少なくとも、シャンパンは飲みたい」と主張し、妥協案で僕が良く行く沖縄料理屋に決定。沖縄料理を食べながら、シャンパンを飲む事となった。
メニューを見ると、ドンぺりがHK$1380(19000円)で、モエシャンドンが HK$680(9500円)なので、香港での小売価格を考えれば、まずまず良心的な値付け。ドンぺりは当然却下で、モエシャンドンを2人で飲む。
出張者が疲労困憊といった感じだったので、1時間ちょっとで会食終了。8時半に一人になった。そのまま家に帰るかどうかちょっと考えて、何度か行った事がある足マッサージ屋にいく事にした。全身マッサージ120分でHK$420(6千円)と、シャンパンより安いのはお得。おかげで夜も熟睡でき、今日は体調万全。

新・初めての中国ビジネスのゲラと表紙案が、今日の午前中に上がってきた。これに目を通して、最終修正点を連絡すれば作業完了。7月初旬には出版できる。半年振りの本なので、それなりに楽しみ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です