東京(講演会とDVD撮影)

朝9時にアルカディア市谷(旧私学会館)に到着。
9時20分より講演開始。
僕は、朝は風呂の中で寝ないと目が覚めないので、湯船の中で寝ていたら、思った以上に時間が経過しておりびっくり。慌ててホテルを飛び出すが、なかなかタクシーがつかまらずかなり焦る。運良く通った空車を見つけ、何とか時間通りに到着。
10分間の休憩をはさんで、11時半迄中国進出方法のイロハを解説する。
真面目な聴講者の方が多く、質問も(講演後の名刺交換時も含めれば)たくさん頂いたのであるが、時間の都合で十分な質疑応答が出来なかったのが残念。
後日聞いたアンケート結果では、基本的には満足頂いたようであるが、「時間をもっと長く」、「せっかくの機会なので、もっと突っ込んだ事が聞きたかった」という声を少なからず有ったとの事。
僕も全く同感で、次は、30〜50人の小規模な講演会にして、初級、中級、高難易度、という感じで2〜3種類に分けた様なものをやりたいなぁと思う。


午後は、ライブドアでのDVD作成。
「観客がいないところで、3時間話す」という未知の体験をする。
収録を始める前に、部下の桑畑君に、「反応がないと話しにくいので、分かっても分からなくても、ずっと、うなずいていろ」と指示を出し、収録をスタート。
指示通り、ずっとうなずき続けてくれていた桑畑君であるが、後半部分は眠くなってきた様で、目を血走らせながらうなずいているので、少々怖かった。
作成を担当するNS総研(ライブドアの子会社)の若い女性の方も、気を遣ってうなずいてくれているのが微笑ましい。
ともあれ、無事収録が終わったが、やはりリアクションが無いところで3時間話すのは難しい。
良い経験ではあり、今後続けていきたいが、楽しさから言えば、「講演会の方が、百倍楽しいな」と思う。
という事で、長く、よく話した一日が終わり。
実家に帰ってさっさと寝た。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です