香港(フードコートと人の性格)

昨夜は10時間寝たおかげで(さすがに1AMに目が覚めてしまったが)、体調は随分快復。
野菜とビタミンも取っとこう!と思い、オフィスの下のジューススタンドで、「にんじん・セロリ・りんご」のジュースを作ってもらって飲む。HK$ 10(140円)。
午前中は、頭の中に微風が吹いているような状況(疲れがたまっている時の状況)ながら、体はまずまず。黙々と業務をこなす。
昼にはフードコートの韓国料理コーナーで、鶏肉ご飯をテイクアウト。HK$45(630円)。
見本と全く違うものが出てきてがっくりきたが、味はまあまあ。


フードコートはいつも満員。
香港の人は、フードコートの席取りになれている。待っている人は、食べている人のテーブルの横で、「早く終われよ」という顔をしてプレッシャーをかけながら待っているし、食べている人は、誰がいようが平然と食事をし、食後に談笑をしている。
待つ方も待たれる方も、たいしたもんである。
8年半香港にいても、僕はこの境地には到達できていない。
こういう場所(込んでいて席の保証がない+テイクアウトもできる)という場所で昼食を取ると、人の性格が出て面白い。
僕が赴任したての頃(8年前)に、審査のTさん、財務のIさんという人が駐在していた。
僕は、上記のようなフードコートでは、比較的慎重な対応をする(席が取れない事を先ず心配する)ので、必ずテイクアウトにする。
審査のTさんは、農業と剣道で鍛えた体力(下半身はプロレスラー並み)で、食べている人に圧倒的なプレッシャーをかけて、席を確保するのが常。
財務のIさんは、楽観的で人が良い。ある日、「いやぁ、水野君大変だったよ。ラーメン頼んだんだけど、席が取れなかったから、立って食べたんだぁ!」と言っていた。
満員のフードコート(当然、立って食べている人などいない)で、大きなどんぶりを持って、一人立ち食いそばのようにラーメンを食べているIさんを想像したら、思わず笑ってしまった。


このIさんは、実は将棋がたいそう強いらしい。
やはり8年前に、本社から偉いさん(専務だったかな?)が来て、管理部門一同と昼食をとった事が有る。彼はIさんの将棋の実力をしっており、「君ぐらいだと、何手先を読むのかな?」と質問し、Iさんは、「30手先位(これはうろ覚え)でしょうかねぇ」と答えていた。
一同、「それはすごい!」と感心し、暫くは将棋の話でもちきり。
昼食終了後、専務は車でオフィスに。
僕たちは、(歩いて10分くらいの距離なので)歩いて帰ることになった。
オフィスへの帰り道、他の人が何を話しかけても、Iさんが答えなくなった。
もう暫くすると、突然、「トイレに行きたい!先に行くね!!」と叫び、ブリキ人形のように、手足を硬直させたまま、早足でシャカシャカ歩いて行ってしまった。
一同、あっけに取られたが、その時のTさんの一言。
「将棋で30手先を読む前に、5分後のトイレ読んどけよなぁ」。

IさんもTさんも今は日本。
元気でやっているのであろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です