上海⇒東京(やっと短い夏休み)

昨日は一日中会議。
北京からの出張者陣(含む中国総代表)が朝9時半に上海到着し、11時から会議となった。前日、夜遅くまで空港で待たされた挙句、朝7時出発便に変更になった様なので、さぞかし疲れている筈であるが、オフィス到着後、一刻も早い会議開始を主張する。その姿は、日本の高度成長を支えたサラリーマンそのものであり、内心「おぉっ!」とうなる。
僕なら、個々の発表時間を短くして、午後の開始にしてしまうところであるが、何はともあれ、寸暇を惜しんで頑張る姿勢は真摯に受け止めるべきであろう。

開始が遅れた為、昼も弁当を食べながら会議となった。
僕は会議が大嫌い。E−mailで詳細を詰めてから、最後に15〜30分程度会議をして決めればよいという考えの持ち主(まあ、case by case であるが)。おまけに、僕の出番は明日なので、今日は聞いているだけで、却ってしんどい。
更に、中国生活(香港・台湾・福州)が合計10年半になる僕は、すっかり昼寝の習慣がついているので、昼の会食を苦手としている。
という訳で、昨日は、「出番の無い長い会議で、おまけに昼休みなし」という、僕にとっては、拷問の様な一日であった。


今日は、朝の8時半から会議開始。僕に関連有るパートが2時間続き、最後に30分ほど総括をしてから会議終了。
僕に関連有るパートは、一応順調に進み、おかげで来週の北京出張は不要になった。
これは朗報。
今週(出張+夏休み)の間に溜まった仕事の処理ができる。
会議終了後、昼食を取り、オフィスで軽い打ち合わせをして空港へ。明日から、日本で夏休み。

関係ないが、上海で久しぶりにビッグ・エコーに行った。設備も良いし、日本の歌も結構入っているので良かった。
結構長い時間歌っていたのであれこれ歌ったが、最後の1時間は大塚愛の歌にほぼ専念。練習がてら3曲の歌を何度も歌う。
最近、気分的に滅入っているときは、「大好きだよ」を何度も聞いてしみじみしながらメンタルの回復をはかっているもので・・・
前に上海でビッグ・エコーに行ったのは2年前(違う場所)。その時は空腹だったのでチャーシュー麺を頼んだら、見かけは美味しそうながら、味が無い(超極度の薄味)ものが出てきて、「やられた!」と思った記憶がある。
今はどうか確認したかったが、満腹なので断念。次回状況を確認しよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です