北京⇒香港(8日間で商業企業の認可が取れた)

今日は朝から北京のオフィスで仕事。
打ち合わせ中に、北京で設立申請中だった、商業企業(総合商社:資本金US$ 1千万)の設立認可が商務部から下りた。
丸紅(北京)商貿有限公司と言う名前。
これ自体は、既にさほどのニュース性は無いが、特筆すべきは認可取得の早さ。
なんと、北京市の認可を5営業日、商務部の認可を3営業日で取得してしまったので、書類を提出してから8営業日で国家認可を取得してしまった。
広州で早々にあげたCEPA適用商業企業の申請が、社内事情により、商務部認可取得直前で、自主的にサスペンドしているので、こちらが早く取れて(僕の商売上)良かった。
今回は、中国総代表も躍起になっていたのであるが、会社が総力を挙げて取り組むとすごいもんだと驚く。


現在、商業企業の認可を始めとして、商務部に設立申請が相次いでおり、商務部も電話を一切取らないようである(電話はなりっぱなし)。当然、飛び込みの訪問依頼は受けてくれない。
という事で、商務部の人間の個人的な携帯電話番号を知らないと(更に、それにかけて受けてもらえる関係でないと)、商務部とは連絡が取れないようで、申請しても待ちの一手しかないというのが現状。
今回は、北京の担当者が(短いながらも)日参して、超スピード取得と相成った訳であるが、なんとも凄まじい状況という事は言えるであろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です