香港(オートロックの悲劇)

昨日は香港到着が20時半。
一旦オフィスに顔を出して、E-mailの整理をしてから帰宅。
やはり、飛行機にのると体調が悪くなる(頭に血が上った感じ)。
ある程度のところで、生活パターンを修正する必要が出てくるであろう。

さてさて話し変わって、丸紅香港華南会社には、従業員用の出入り口が2つある。
これが、木の内ドアと、鉄柵の二重になっており、且つ、内ドアがオートロックなので、今まで数々の悲劇を呼んでいる。
というのは、内ドアは二箇所で鍵が違うので、渡されている鍵と反対のところから出て、且つ、オートロックが閉まってしまうと、間に挟まれてしまうため。
過去にも(僕が知っているだけでも)、谷垣君、監査に来ていたCPAがはさまれ、携帯電話で助けを呼んで救出された。
また、この時は携帯電話が普及していたから良いものの、普及していない時には、間に挟まれた(筋骨隆々で)ゴリラのようだと言われていた駐在員が間に挟まれ、数時間後(夜の11時頃)宴席から偶然会社に戻った社員に救出されるという悲劇もおこった。
この時はシャレにならなかったと思うが、挟まれている人間が人間なので、動物園のゴリラのようであったとも言われ、あまり同情されなかったのが残念である。

因みに、香港ではオートロックが一般的なので、住居でもいろいろと悲劇が起こっている。
以前、僕が部屋を引き継いだ人間は、朝の6時半にパンツ1枚で朝刊を取ろうと思ったら、ドアが閉まってしまい(本人曰く)「人生40年生きてきた中で、一番頭が真っ白になった」という事態を引き起こした。
この時は、同じフロアに日本人がいた(面識は無い)ので、パンツ1枚で呼び鈴を鳴らし、「決して怪しいものではありません」と言って、助けを求めたようである。
しかし、朝の6時半にパンツ1枚で訪問する人間と言うのは、十分に怪しいが・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です