上海(打ち上げは仮面舞踏会)

+++実際の日は26日です+++

夜8時に無事パーティーも終わったので、僕の家の近く(復興公園)のカラオケボックス(キャッシュボックス)に内輪で移動し打ち上げ。
メンツは、M&C・コンシェルジュ・(講演会とパーティーの運営をお願いした)宝広告さんの面々。
キャッシュボックスは、随分流行っている様で、予約をしていても、ちょっと時間が違うと(僕らはちょっと早く着きすぎた)なかなか部屋の割り振りを受けるのが大変。
順番待ちの人たちが、皆な、押しの強さで主張しているので、こちらも、主張を繰り返してして15分で部屋を確保。
飲み物が運ばれてくるのが遅かったので、若干、開始が遅れたが、ともあれ、夜9時15分には打ち上げ開始。
最初は、穏やかな立ち上がり。



とはいえ、10分経過すると、エンジンが掛かってきて、盛り上がりを見せる。
皆な、座っておらず、汗だくだ。
特に、踊って場を盛り上げるのは金さん。
隣の部屋に案内されてきた西洋人一団が、自分達の部屋に入るのも忘れて、僕達のドアに張り付いて、目を点にして金さんの踊り+僕達の状況を凝視していた。
(金さんと僕で手を振ったら、目をそらしていた)。
西洋人の意表をつく金さんの踊りはたいしたものだ。

金さんと初めて会ったのは4年前。
場所は深センで、随分リラックスした金さんは、カラオケで激しい振り付きで「ドリフのズンドコ節」を踊っていた。
そののりにいたく感銘を受けたものであるが、その後、上海で会う金さんは、別人の様な紳士で、拍子抜けをしていたが、「4年ぶりに、やっと僕の知っている金さんに会えた!」という感じがする。



その後、大西さん・金さん・水野で、懐かしいバブルの時を思い出して、少年隊の「仮面舞踏会」。
大西さん・金さんが昔やっていた芸の様で、「分からなくても、僕と金がカバーしますのでOKです!」と大西さんに言われスタート。
適当に踊って歌う。



そう言えば、(今は知らないけど)昔は、飲み会で、ネクタイを頭に巻く人がたくさんいたなぁと懐かしく思いだす。
因みに、今週一週間で、僕がネクタイを使ったのは、この5分だけであった。
ともあれ、久しぶりに大騒ぎ。
楽しい一夜であった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です