香港⇒上海(犯人夏栗は意外に素直)

最近、ますます移動が多くなってきたし、面談・会食も多くなってきた。
という事で、ブログを書く時間を見つけるのも大変。
あと15分で、空港に向かわなくてはならないので、それまでに間に合わせようと、必死でキャッチアップ。食事は空港で食べよう。

先週のブログで、マカオでマカオビールを飲んできた、と書いたら、週末に、「犯人夏栗」が、早速マカオに行って、ポルトガル料理と一緒にマカオビールを飲んできたようだ。
昨日の朝、顔を合わせるとすぐ、「水野さん、マカオビール飲んできましたよ。美味しかったですよ」と嬉しそうに語っていた。
家族がまだ来ていないので、週末ヒマを持て余しているのだろうが、素直な人間と言うべきか、単純と言うべきか・・・

因みに、6月13日のブログに、僕に赤ワインを浴びせかけた翌日、ピースサインを取るふてぶてしい男、という感じで彼の写真を載せたのであるが、(彼の名誉のために補足すると)実はやらせ。
赤ワインをかけられた翌朝、彼の席にカメラを持っていって、「何も言わずに、こっち向いてピースサインしろ」と、ポーズの注文をつけてとったのがあの写真。
とは言え、あんな写真とコメントを載せられても、ぜんぜん気にせず、喜んでいたのはたいしたものだ。

水本君や浜田さんだと、真剣に抗議してきそうなところだが。


全然関係ないけど、マカオにできたフィッシャーマンズワーフの写真。
なかなかしゃれた場所ができたものだ。
前回の取材のときに撮ってきたもの。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です