知りあいが発熱で隔離された

最近、知り合いが二人中国で発熱し、病人に隔離された。
結局、普通の風邪という事で、2~3日で解放されたそうな。
なによりだ。
でも、同行者も結果が出るまでホテルで待機を要請されるらしい。
これは後で文句言われそうだ。

まあ病院の人は親切で、特段緊迫感はなかったようである。
ただ、結果が出るまで、中国の報道にでるのかなぁ、日本の報道に出るのかなぁ、と不安だったようだ。
そうだよなぁ。
病気になっただけなのに、間違いを犯したような受け止め方をされるから問題だよなぁ。
世論ってやつは怖いよな。
と、話を聞いてうなづく事しきり。
ただ、中国で隔離されても、親切に扱ってもらえるというのは朗報だ。
外国での突発事項というのは、不安をかきたてる。
やはり、何事も経験してみないとわからないという事はある。
経験は貴重だ。

つくりたてで悪くないのだがさすがにもう一品欲しい

今日は12時発の便で香港に移動。
最初は、駅で何か食べようと思っていたが、またもや時間がなくなった。
車内で弁当を頼んでみる。
2日連続車内での食事だ。

たまご炒めを頼んでみる。
できたてで、まずまず美味しかったが、全部ネギのたまご炒め。
さすがに飽きる。
もう一品おかずがあったらいいのに・・・

揺れる電車。
テーブルなし。
この状態で、麺を頼んでいた人がいたが、さぞかし食べにくいだろうなぁ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です