名古屋城ではち丸に会う

はち丸としゃちほこ

13日に名古屋到着。
前日の夜9時に関西空港到着。
そして、朝10時から大阪で2件面談した上で名古屋移動という駆け足。
4時間睡眠で、前夜・今朝は、ずっとE-mail整理をしていたので、眠くてしんどい状況だ。

名古屋に着くと、面談2件。
名古屋市役所(名古屋城の隣)との面談の前に1時間空いたので、「名古屋城がみたい」という亀一の希望を聞いて、名古屋城参観に行く。
入口を入ると、名古屋開府400年記念マスコットの「はち丸」がいたので写真を撮る。

また、シャチホコの大きさに感心する。

名古屋城は、過去にも来た事があるが、改めてみると大きい。
歴史を感じる建造物だ。
どの城でも同じであるが、石垣の組み方等、あの時代によく積み上げたものだと感心。

マリオットの部屋とマジックアート

今回の宿泊はマリオットホテル。
前にも書いたが、2年前に、3000~4000円のホテルから始めたので、このクラスのホテルにまた泊まれる様になったのは嬉しい限りだ。
とは言え、一休ドットコムの安いパッケージなので、18時以前はチェックインできず、面談終了後、ちょっと時間をつぶさざるを得なくなった。
いまのところ、ここら辺が限界だ。
早く、普通のパッケージで泊まれる様になりたいものだ。
とは言え、過ごしやすくて良いホテル。
このホテルを舞台にした、石田衣良の「1ポンドの悲しみ」を思い出す。

フロントのところには、ファインダーから見ると、雪だるまが浮き上がって見えるマジックアートが書いてあり、皆が写真を撮っている。
面白いので、亀一を立たせて撮ってみる。
「こんなの全然面白くないじゃないですか」と亀一は不満げで、ぶつくさ言っていたが、ともあれこんな感じに写るので楽しい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です