駆け足思い出旅行は3時間半

柏森駅の改札口と家の前にあった酒屋

引き続き、数日遅れての更新です。

半日時間を作り、幼稚園~小学校2年生まで育った愛知県江南市に。
既に、うっすらとした記憶しかないが、家の前は桑畑、近所の駅は無人駅という場所が、どんなふうに変わっているのか、興味津々である。

まずは、名古屋駅のラーメン屋で、名古屋名物台湾ラーメンを食べる。
この台湾ラーメンと言うのは、名古屋にしかない(台湾にはない)辛味ラーメン。
天津に天津飯がなく、福建に福建チャーハンが無いのと同じ、外国で付けられてしまった名称だ。
とは言え美味しい。
ピーナッツペーストが入っていない坦々麺と言う感じ?

名古屋駅から急行電車に乗って、20数分で柏森到着。
何の事ない通勤圏だ。
子供の頃は、父親が運転する車に乗せられ、小一時間かけて名古屋と行き来していた印象が強いだけに、あまりの近さに拍子抜け。
おまけに、駅も随分きれいになっている。

新しく買ったSmart PhoneのGPS機能を頼りに、昔住んでいた家まで行こうとしたが、どうも携帯電話に付いているGPSは、現在位置が数百メートル狂う。
徒歩で行くにあたって、この数百メートルの誤差は致命的で、さっぱり道が分からない。
致し方ないので駅前でタクシーに乗って、昔の家⇒小学校⇒柏森の駅というルートで回る事にする。
家の前の酒屋はまだ残っていた。
ただ、周りの住居は全て立て替えられていて、全然昔の面影はない。


昔通った小学校とモンキーパークのさる

次に小学校に。
子供の足で、20~30分歩いた記憶があるのだが、タクシーで行っても結構遠い。
随分、早足な子供たちだったのか?

三階建ての校舎は、恐らく、僕が小学校1年の時に新しくできたもの。
1年生の時まで使っていた木造校舎はいまはない。
鉄棒は同じ位置にあるかどうか何とも分からないが、授業の間の5分(10分?)の休み時間に、毎回校庭に一人で飛び出して、黙々と逆上がりの練習をしていた事を思い出す。

そしてまた柏森の駅に。
タクシー代金2000円。
時間にして20分程度の短い旅だ。
ただ、変わりすぎて感慨がわかないなあ・・・

柏森に着いたら今度は犬山に。
モンキーパークに行かねばならん。
バスは一時間に2本。
バス停の案内を見ると、12月はやたらと休みが多い。
前日、前々日(12日、13日)は休みだ!
1日ずれていたら空いていないところだった。
思わず胸をなでおろす。
おまけに、16時半閉館。
早い。

ただ、たくさんの種類のサルがいてなごむ。
ピグミーマーモセットにも会えて満足だった。
因みに、ピグミーマーモセットは撮影禁止だったので、対応に向かって胸を開くサルを撮影。

でら珈琲は美味しかった

犬山駅の構内で、「でら珈琲」というご当地コーヒーを飲む。
100mlで8Kcal
軽い甘さで大変おいしい。

名古屋駅到着は15時半。
約3時間半の思い出旅行であった。
さて、明日の中国ビジネス相談会の会場である静岡県富士市に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です