酒飲みの環境

学生の頃から酒を飲む環境に身を置いている。
大学時代は合気道だ。
これはまさに、「飲める人間は偉い」という価値観を植えつけられてしまった。
そして、商社。
「γ-GTPは、200を越えたら心配すればいいんであって、100代は全く正常値だ」というのが共通認識になっている社会である。なんとなく、そんなもんかと思ってしまった。
勿論、これは正しくないが。

そんなこんなで、毎日飲むというのが習慣になっていた20代・30代であったが、最近、飲まない日もつくる様になってきた。
先週末は、3日連続で飲まなかったし。
意識的というよりは、さして飲みたくない日は、条件反射で飲まない様になってきた。

まあ、当たり前と言えば当たり前な話で、威張る様な話ではないのであるが、ちょっと成長した気がする今日この頃だ。

話は変わるが、僕は、自由な人生を送っている様なイメージを持たれると思うのであるが(スナフキン的?)、確かに、この数日のブログを見ていると、我ながら楽しげな感じだと思う。
飛行機搭乗回数は年間60回程度。
電車や船は数知れず。
移動続きの中で、たくさんの人に会い、色々な物を食べ、色々な話をし・・・
辛い事もあるけれど、それでも楽しい人生を送っているのは確かだな。
と思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です