講演会ご案内(中国現地法人運営の潜在リスクと対処法)

6月7日に、森浜田松本法律事務所・江口拓哉弁護士、United Achievement鈴木康伸会計士と講演会を開きます。
2007年、日本、香港、上海で開催して好評頂いた、3人のパネルディスカッション形式の講演の第2弾です。
中国での現地法人運営(運営・組織変更・利益配分)に関して、潜在するリスクとその対処方法を、実務、法務、会計税務の観点から解説します。
お申込み、お問合せは info@chasechina.jp (担当:横幕)まで、E-mailでお願い致します。
また、弊社会員様、各講師のお客様は優遇価格をご提供させて頂きますので、その旨、お書き添え下さい。

日時: 2012年6月7日(木) 13:30~16:30 (受付開始13:15)
会場: T’s渋谷フラッグ7階 ROOM 7M
   (東京都渋谷区宇田川町33番6号 TEL:03-5457-7881)
講師:Mizuno Consultancy Holdings代表 水野真澄
   United Achievement 鈴木康伸 会計士
   森浜田松本法律事務所 江口拓哉 弁護士
受講料:一般5,000円/1名様
定員:80人 ※定員になり次第、締め切らせていただきます。

会社組織に関する潜在リスクと点検事項
1.現地法人に潜む諸問題
① 会計帳簿に現れない潜在損失(立替、未収、処預け)、
② 外貨消込残の不一致、保税品の不照合、免税保税輸入設備の不照合
③ 特殊な営業許可の更新リスク、董事等の登記変更漏れ、
2.土地使用権の処分可能性
① 使用中の土地使用権に関する問題(集体土地・無償割当土地使用権による現物出資)
② 珠江デルタ型来料加工廠が使用する土地の問題と継続使用可能性
③ 遊休地の転貸の可否と法的リスク

組織変更に伴う潜在リスクと点検事項
1.持分譲渡

① 持分譲渡の注意点(持分譲渡対価の決済、持分変更時の手続)
② 持分の評価(時価算定方式)と課税の繰り延べ(特殊性税務処理)
③ 持分売買時の潜在リスクの点検方法
2.合弁契約の解消
① 経営期間満了の際の処理(土地使用権・設備等の譲渡、既存商権の譲渡等)
② 合弁解消時に想定されるパートナーとの交渉事項
③ 新しい合弁契約に移行する際の留意点(Framework契約の検討)

日本・中国間の利益配分に関する潜在リスクと点検事項
1.日本に対する利益還元モデルと送金手続

① コミッション、フィー、ロイヤルティ等の送金方法
② 契約書の策定と政府機関での登記
③ 送金に伴う課税と発生しうる課税上の問題点(税務調査・PE課税等)
2.利益配分の適正水準
① 利益配分の適正レベルの考え方
② 移転価格、寄付金認定リスクと対応方法
3.日中間の立替金精算に関する外貨管理と課税上の問題点
① 日中間の立替金決済の外貨管理と対応方法
② 駐在員給与の精算とPE認定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です