返還記念の休日

今日は7月1日。
返還記念日で香港は祝日だ。

ここ2週間で、日本・香港・上海を飛び回り、8回講演会(内6回は先週)を開催したら、移動と講演の疲労がどっと出て、風邪をひいてしまった。
経験から、一週間に3回以上講演会をすると体調を崩しがちになるので、その都度無理なスケジュールは組むのをやめようと思うのだが、喉元過ぎればで、すぐに過密スケジュールを組んでしまう。
我ながら困ったものだ。
先週土曜日は移動日。
昨日(日曜)は、体調を崩して寝ていた。
今日も、香港の祝日を利用して、休養しようと考えていたのだが、せめて、昨日時点までに頂いたE-mailに返信してから、と考えていたら、いまだに終わらない(14時)。
軽い頭痛を我慢しながらの業務。

明日は広州日帰り。
明後日は深圳日帰りなので、あと1時間くらい仕事をしたら、少し休もう。

思い起こせば、僕が赴任したのは1997年(返還の年)の4月。
赴任以降の3ヶ月、全速力で仕事を飛ばしていたら(酒もだが)、返還記念休暇には、緊張の糸が切れて、どっと疲れが出て動けなくなった。
返還記念式典は、前の会社のオフィスの前で開かれていたので、会社に行けば、式典・花火を特等席から鑑賞できた。
歴史的な光景を目にすべきだ、とは思ったのだが、体力的にその余裕がなく、TVで記念式典を見ながら、近所のユニーで買った持ち帰り寿司を食べ、シャンパンを飲んでいた。
あれから16年が経過したが、僕の仕事の仕方はあまり変わっていない様だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です