矢継ぎ早に襲い掛かる困難

体力を使う事態があって、現在、日々戦っている状況。
業務自体は順調に推移しているが、問題は思わぬところに潜んでいる。
先週、金曜日に日本で見た正座占い、「先ず、敵と見方を見極めよう」。
まさにそんな感じだ。

思えば、2005年に人生考え(結果として、血圧に支障が生じ)。
2006年にM&Cを作りこの年は幸せな1年。
2007年は、関連者との思想の違いを感じ。
2008年にはその集大成という議論が勃発。

今から思えば、ここ数年は、2006年以外は随分神経、体力を使う状況であった。
まさに、矢継ぎ早に襲い掛かる困難。

ただ、この困難を経て、徐々に大きくなってきている気もする。
そんな意味では、成長するための脱皮の苦しみと捉えよう。

この記載だけだと、何を言いたいのか分からないと思うけど、とりあえず、戦ってます。
いい形で報告できる時に、きちんと報告します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です