亀一新聞に名前が載る

8月3日付けの日刊工業新聞で、チェイス・チャイナの事を、結構大きな記事にして頂いた。
そしてついでに?(社長だからついでではないか!)、亀一の名前も社長として載っていた。
三十代前半で、社長として新聞に名前が載ると言うのはなかなかない事だ。

思い起こせば、僕が社長という肩書を始めてもらったのが36才の頃。
丸紅廈門有限公司の社長であった。
が、全く話題にならなかった。
事前に、「最年少の現地法人社長じゃないか」とかおだてられていたが、就任した時には清算(駐在員事務所への組織変更)が決まってたし・・・

次は、M&Cの時。
この時は、さすがに社長として名前が出たけれど、42才の事だった。

今回の新聞記事を一部頂いたので、早速、スキャンして、亀一に送った。
「両親や友達に自慢しな」とメッセージを付けて。

社長の仕事は、結構辛い。
この会社は、僕の期待が大きいのでなおさらだ。
という訳で、色々しんどいであろうが、節目節目で喜んでおいてもらおう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です