Q&A改定作業やっと再開

5月末に第一部の改定を完了。
6月に、第二部のQ29~Q35を改定したまま、作業が完全にストップしていた。

引き続き、「まだですか?」と何人もの方から督促を頂いた。
やっと再開。

状況は以下の通り。

Q29(中国の会計規則)
会計準則の内容を記載する必要あり、全文修正。

Q30(会計年度の決定)
全文修正。

Q31(外国語帳簿の使用)
会計システムの使用に関して状況が変わっており、部分修正。

Q32(記帳通貨の決定)
微修正。

Q33(外貨会計)
半分程度修正。

Q34(固定資産)
税務が変更された事。会計準則の内容を追記する必要があるため、全文修理。

Q35(無形資産)
税務が変更された事。会計準則の内容を追記する必要があるため、全文修理。

Q36(棚卸資産)
同じく、全文修正。

Q37(引当金)
同じく、全文修正。



明日は、Q45くらいまで仕上げよう。

そうすれば、2007年版のQ(55個)より、ちょっと減って(マカオを削ったり、外資企業に対する優遇税制が無くなったり)全体で52個程度のQになるはずなので、まさに、もう一息、という感じだ。

それが終わると、用語集の改定だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です