食べ過ぎだったのか!

先週は亀一と一週間一緒に行動したのだが、意外だったのは、最近、体重増加に悩む亀一は、僕より少食だという事だ。
食事は僕と同じか、却って少ないくらい。
亀一は、酒は自発的には殆ど飲まないので、食事によるカロリーは、僕よりはるかに少ない筈だ。
一応、
清涼飲料水を飲む時は、僕はお茶が原則、亀一は甘い炭酸飲料。
亀一は飴をよくなめているが、僕は一切甘いものを口にしない。
という違いはあるのだが、これは、酒の量の違いで吸収されてしまいそうだ。

思い起こせば、高校2年生の頃、僕は体重が49.5Kgで、太れないのが悩みだった。
そこで、高校3年生になった途端、筋トレをやみくもにやって(スクワット1000回とか)、無理にご飯を食べて体重を付けた。
大学時代(合気道をやっていた頃)のベスト体重は58Kgで、この時は80Kgのベンチプレスを持ち上げる事ができた。
会社に入って、30才くらいで64Kgくらいまで体重が増えたが、3年間ほどボクシングジムに通ったら、体重が56Kgまで落ちた(これは落ちすぎだった)。

その後香港に駐在した途端、生活が不規則で体重が徐々に増え、最高で、68Kgまでいったのではなかろうか。
13年で12Kgも太った事になる。
これを、7月からのランニング(週に4~5回は7Km走る)で、62Kg程度まで絞って安定している。
まあ、食事制限をしていないので、62Kgになった途端に減らなくなってしまったが、おそらく今のベスト体重はこれくらいなのだろうか・・・
あと2Kg落とせば、30才の頃のスーツが着れるので、頑張りたい気はするのだが。

ただ、「子供の頃は太れなくて悩んでいたのに、今では体重が増えない様に気にしなければならない。体質は変わるものだなあ」と考えていたのだが、亀一と行動して考えを改めた。
何の事ない、体質ではなく食べすぎだったのか!?
亀一と一緒のカロリーを取っていれば、明日からでも痩せそうな気がする。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です