毎週土曜日の執筆義務

今日(26日・土曜日)は1日眠かった。
何となく頭がぼんやりし、仕事に集中できない状況。
途中で昼寝をしたがまだ眠い。

その中、なんとか仕事をこなし(今日は週末休みなので若干ペースを緩めながら)、東野圭吾の「ナミヤ雑貨店の奇蹟」を読んだら夜の10時だ。
明日(27日)の飛行機で香港に移動するので、今日中のNNA連載原稿執筆完了は必至だ。
数日前に時事通信の原稿を仕上げたと思ったら、また締切だ。
毎週の事とはいえつらい。

最初は、今年4月に公布された、「企業所得税課税所得額に関する若干の処理問題の公告(国家税務総局公告2012年15号)」に付いて書こうと思ったら、この内容だと、500~600字程度にしかならない事が分かり、頭を抱える。
結局、貿易取引におけるクレーム金決済に関して原稿を書いた。
制度上、輸入代金決済に関しては、匯発[2010]57号により、個別核銷は不要となっているため、通関単あたりUS$ 5,000超の差額があっても消込ができる(貨物代金との相殺方式でクレーム処理ができる)筈であるが、実際には、57号通知が運用されていない。
よって、クレーム対応は、従来通り、保守的な方法が採用されている。
但し、2011年12月から、一部地域で試行措置が行われている、「貨物貿易外貨管理制度の改革の試行措置の公告(国家外貨管理局令[2011]第2号)」は、一部地域では実際に採用されているので、これが全国適用される段階で、クレーム決済に関する管理は大きく変わるであろう、という内容。
これを、1,700字ほどで執筆。

これで、安心して香港に移動できる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です