日経新聞社主催講演会(8月21日)

2013年8月21日(水)に日経新聞社主催で講演会を開催します。

日時 2013年8月21日(水)13:30~16:40
会場 日本経済新聞社 日経ビル6階 日経カンファレンスルーム
東京都千代田区大手町1-3-7 TEL 03-3270-0251(代表)

当社の松本健三高級顧問との共同講演になりますが、僕のパートのポイントは以下の通りです。
・ 如何に資本投下、リスクを小さくして、中国から利益を回収するか。
  工場ではなく、販売会社設立、インターネット活用、直接取引、ロイヤルティ等各種利益の回収方法を検証する。
・ 中国とASEANの自由貿易協定(関税免除措置)をどの様に活用して、アセアンとの取引を拡大していくか(中国に拠点を作らず日本、香港でインボイススウィッチして利益確保する方法などを含めて解説)。
  
詳細、お申し込みはこちらから

僕のパートは以下の通り。
1.日本企業と中国企業の直接取引
(1)中国に対する輸出の各形態
(2)技術指導料・ロイヤルティ・設計費等の回収
(3)日本企業は中国国内で商品売買できるか
2.中国の販売現地法人を経由する方法
(1)中国での販売会社の設立
(2)販売会社の応用編
インターネット販売、危険品、小売、検品・技術指導等
(3)販売会社運営のコストと撤退時のリスク
3.中国・アセアン商流の構築と投資拠点としての香港
(1)FTA(関税免除)の有効活用と中国・アセアン商流の構築
(2)中国子会社を設立しない中国・アセアンFTAの活用方法(日本法人の直接商流関与)
(3)小さな資金投下で設立できる香港を活用した中国・アセアンビジネスの開拓

松本高級顧問は、中国市場にどう向き合うか、市場をいかに作り出すか、拠点配置・開発・物流の組み立てでコストは変わる、中国で需要を作りだすためにという内容の講演となります。
是非、ご参加ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です