上海(華東と華南は既に一体化が随分進んでいるもんだと感心)

昨夜、バーで飲んでホテルに帰る途中、ついついコンビニによってカップ麺を買ってしまう。
トマト風味牛肉麺という、如何にも僕好みのもの。
今日の朝食にしようと思ったのであるが、昨夜の上海料理屋で最低消費の罠にはまった過食が堪えており、全く食べられず。
一日延ばしにする事に。

朝食を食べずに、知人から紹介を受けた企業の方を訪問する。
華東における、保税区・保税倉庫経由の取引に関わるフォーメーション。
外高橋保税区から華南の保税区域への保税転送が絡む取引で、弁護士事務所に数万米ドル払って作ったフォーメーションが成り立たない事が数日前に発覚した!と嘆いておられ、この対応を2時間弱かけて協議。
本当は、ここまで手の込んだ話は、スポットベースの別料金となるのであるが、即座にご入会の意思表示を頂いたので、初回限定サービス!という事で、対応可能なフォーメーションを整備する。
上海の原田さんにも同席してもらい、その場で税関にも電話をかけて、確認しながらの作業。
しかしながら、商流に関していえば、華南・華東は既に一体化が随分進んでおり、切り離せない関係になっているもんだと感心する。

そんなこんなで感心し、面談後食事をしていると、香港の知人(随分会っていない)から突然電話。
何かと思えば、「数週間前に、上海の●●さんと食事をしましたね」という。
何やら無二の親友とか。
どう考えても、接点が見当たらなかったような2人であるが、華南と華東はこんなとこでも随分近いんだ、と感心。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です