香港に移動して宴席に直行

昨夜、じっくりとマッサージもしてもらったし、酒も控えたので体調がよい。

香港への移動の前に、思い残す事といえば、(今回の滞在で)まだクリスタル・ジェイドの坦々麺を食べていない事。
一度の滞在で、必ずこれは食べないと落ち着かない。
そこで、午後一番の打ち合わせ前に、部下の胡君を誘って食べに行く。
今日はちょっと辛味が少なかったけれど、それでもいつもながらの良い味だ。
初めて食べる胡君に、「麺の間にピーナッツクリームがたくさん絡まっているから、箸でよくほぐしてから食べるんだよ。そうしないと後でどろどろになるからね」と指導しながら堪能する。

麺を食べ終えると面談。
これを終わらせると、タクシーに飛び乗り浦東空港に直行。
夜は香港で会食予定。
ただでさえぎりぎりなので、出来れば便を早めてもらいたかったのであるが、到着した時には一本前の便の受付は終了済。

更に悪い事に、乗る予定の飛行機(16時20分発)が1時間のディレイ。
これだとさすがに会食どころではない時間になってしまう。

「これはひどいよ~!」とカウンターで文句を言うと、運良く15時55分発の東方航空に切り替えがきいた。
ほっとしたのも束の間、その便はボーディングは遅れるし、機内で30分待たされるしで、香港空港に到着したのは19時20分であった。
元々乗る予定だった飛行機は、結局、19時50分の到着になった様なので、バタバタした割には30分の違い。
あたふたして損をしたような気はするが、それでも30分の違いは大きいので、まあ、努力の甲斐はそれなりにあったと考える事にする。

タクシーに乗って、銅鑼湾の宇津木に直行。
到着は20時20分。
相手を50分待たせての到着なので大変申し訳ない。

ただ、相手が(20歳近く年上の人であるが)10年来の知り合いなので、何事もなく宴会開始。
仕事を離れて、他愛もない話を笑いながらしたので、楽しい会食であった。
その分、飲みすぎたけど。

今週末は酒抜きだ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です