5年前に賞味期限が切れた瓶詰め唐辛子を食べていた!

2001年に、広州の部下から瓶入り唐辛子を貰った。
海南島に旅行に行った時のお土産だ。

「はて、どう使おう」と考えたが、家での食事で、料理の辛さが足りない時、いくらか混ぜて食べる様にした。

そもそも、家で夕食をするのは週一回くらいだし、一回でそれほど使う訳ではないので、いまだに全部なくならない。

唐辛子そのものだから腐らないだろうと甘く見ていたら、瓶を良く見ると賞味期限は2年となっていた。

5年前に賞味期限が切れたものを、毎週使っていたわけか。
よく腹を壊さなかったものだ。

唐辛子瓶詰め

そんな訳で、古いのは捨てて、早速新しいのに買い替えた。
買ったのは、寧記の唐辛子瓶詰め。

瓶の中身

中身はこんな感じ。

正に唐辛子だ。
それ以外の何者でもない。

過激なまでに詰め込まれている。
しかし、昨日捨てたのとは色が随分違う。
新鮮そうだ。

やはり、悪くなってたんだな。7年前に貰ったやつ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です