運なんてものは

以前のブログに、「たとえ運命なんてものがあるとしても、力でねじ伏せればいいんだと分かった」という事を書いた事がある。
改めて見直すと、如何にも負けん気が強い僕らしい言葉だ。
あと、数日前に、僕はここ一番の運がすごく良いと書いたが、これも、自分で思いこんでいる部分もあるかもしれない。

人間、生きていればよい事もあるし悪い事もある。
その中で、悪い出来事にだけ意識がいけば、自分は運が悪いと思いこむ様になる。
なら、良い面だけ見て、「運が良い」と信じ込めばよい。
10年間、「自分は運が良い」と思い続ければ、心からそう信じ込む様になるものだ。
そして、そう信じる事が、運命を変える力になる。

たとえ悪い事が有ったとしても、その後、もっとよい出来事があれば、悪い事は、大きな幸運の予兆となる。

目に見えないものを気に病むのはばかげている。
なら、自分で運を変えてしまえばいいだけだと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です