名古屋で立ち飲み(濃い世界を楽しむ)

名古屋駅のキオスクで売っていたもの

浜松で仕事があった。
東京日帰りしようかとも思ったが、久々に名古屋で飲むかと考え直し、名古屋宿泊決定。

話変わるが、19日の羽田到着は夜10時。
機内食を食べなかったので、立ち食い蕎麦でも食べようと思ったが時間の関係で駅のソバ屋はどこも閉店。
浜松町周辺を歩き回り、結局、普通のうどん屋に。
20日の昼は、前日食べそこなった事で、強烈な立ち食い蕎麦気分。
銀座という土地柄か、やはり発見できず、手打ちそばを食べる事に。
どこにでもありそうなものが、いざ食べたくなると見つからない。
こんな事はままあるものだ。
結局、21日の浜松駅で、理想的な立ち食い蕎麦屋を発見。
これを食べて3日越しの念願がかなった。
食べたい時はそんなもんだ。
値段ではない。

午後5時に名古屋到着。
駅のキオスクで売っているものがすでに名古屋だ。
あずきサンド味キットカット。
東海地区にゆかりの武将ペロティなどなど。
やはり名古屋は濃い。

二次会の立ち飲み

夜の会食は海鮮料理。
刺身を食べながら日本酒(14代、酔鯨)を飲む。
店に、徳川家康、織田信長というサインが貼ってあるので、なんだろうと思って聞いてみたら、おもてなし武将隊という事だ。
噂には聞いていたが、面白い企画があるものだ。

二件目は立ち飲み屋。
昨年12月に引き続き2回目。
大盛況だ。

因みに、僕は、両親とも純粋な名古屋の人間だと思っていたが、母方が元は大阪の人間だったというのを、この時初めて知った。
縁もゆかりも無いと思っていた大阪に、こんな感じで関係があったとはびっくりだ。
関西系の友人が多いのはこういう訳か!?

楽しくのんだが、ここ数日、飲み過ぎの感があるので、2日間禁酒しよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です