何とかして欲しいKCR旧車のカド席

香港、上海、深セン、広州の部下が、僕の年内のスケジュールを全部押さえてしまった。
めまぐるしい出張日程が確定してしまって身動きが取れない。
とうとう、自分の時間が自分のものでなくなった気が・・・

そんな感じで、今日は日帰り広州出張。
午前中の電車に乗って、2時から打ち合わせ(1.5時間)。
その後、駅でチケットを買おうとするが、その時点で買える一番早いチケットが夕方5時発。
香港到着は7時だ。

結局、営業時間中に1.5時間仕事しただけで、後は移動時間という、大変非効率な1日であった。
勘弁してほしいなぁ・・・

こんな感じで、まったく傾かない

因みに、今回は、行きも帰りも旧車。
旧車は、1両に何席かまったくリクライニングしない席がある。
1~4番の席。あとは、真ん中で座席の向きが反対になっているので、その真ん中の8席。
あとはどうかな。
まあ、1両に数席ある訳だが、この席に当たると、まったくリクライニングしないのと、他の座席は大きく背が倒れるので、前の人間に座席を倒されると、かなりスペースが無くて苦しい状態になる。
この座席に座るたびに、「もう少し考えて座席作れ!(電車の製造メーカーに対する憤り)」、「真ん中で向きかえるな!(鉄道会社に対する憤り)」、「思いっきり倒すな!(前の座席の人間に対する憤り)」という大きな憤りに打ち震える。

おまけに何故か、僕は旧車に乗る時は、4回に3回という、かなり高い頻度でこの席になる。
今回は行き帰り両方ともリクライニング無し席だ。
1両にある座席の数を考えれば、この頻度は異様に高い。

チケットの購入ルートが悪いのだろうか。
運が悪いのだろうか。
因みに、僕は、ここ一番の運の強さにはかなり自信が有るが、こういう座席とか、パスポートコントロールで並ぶ列とか、あみだくじとか、しょうも無い事に関しては本当につきが無い。

ともあれ、広州・香港を往復する方は、どうやってこのリクライニング無し席を回避しているのだろう。
良い方法があれば教えて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です