浦東第二ターミナルのイタリアンで一人盛り上がる

パンとアンティパスト

今回の上海滞在も忙しかった。
まあ、忙しいと言うとネガティブになるので、充実していた、と言い換えよう。

ともあれ、17時まで仕事をして、浦東空港へ。
道が空いていて、18時前にはチェックインを完了できた。

空港に着く前から、既に、心はイタリアンモードになっている。
前回行って、気に入った空港のレストランに直行だ。

まずパンが出てきて、アンティパストも頼む。

グラスワインは一杯40~45元

ハイネケンのドラフトビールを一杯。
一人で盛り上がってきたので、赤ワインも。
グラスワインは2種類で、チリ産のワインを頼む。

ボーディングは19時5分だが、空港が空いているので、15分前にレストランを出ればよいだろうと考え、18時50分に携帯のアラームをセット。
あとは一人で、料理とワインを堪能。

第一に比べて第二ターミナルは綺麗で施設も充実している。
飛行機の待ち時間が苦にならなくなるな。
というか、暫くは、ここで一人で飲むのが楽しくて仕方がなくなりそうだ。

メニュ-の写真とは違うけど美味しかったパスタ

食事はパンとアンティパストで終わらそうかとも思ったが、「1週間、本当に良く働いたからいいや。食べよう」と本筋からは離れた議論を自分ひとりで展開し、おいしそうな写真がメニューに載っていたので、パスタを注文。

出てきたら、写真とは随分違っていたけど、味は悪くなかった。

ぎりぎりでワインをもう一杯注文したので、レストランを出たのは19時。

イミグレも空いていたので、ボーディングはなんなく間に合った。

週末は、新著(保税開発区マニュアル)のゲラ校正。
NNAの連載原稿執筆。
コンシェルジュ上海・北京版の原稿も書けるかな。

あとは、また会計準則の解説作成準備だ。

週末もおちおち休んでられないけど、金曜の夜に、一人でのんびりイタリアンも堪能したし、気力は充実。
張り切ろう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です