本も連続出版すると・・・

一昨日届いた用語集

一昨日、中国ビジネス・会計税務用語集が届いた。
日本では今月販売開始。
香港では、2月下旬販売開始となる予定。

2004年に最初のものを出した時には、(何分初めての企画で)用語の選定、サンプルの収集などに苦労し、ボリューム(語彙・添付資料の種類)的に不満が残る感があったが、今回は、はるかに充実。
語彙も大増量したし、ピンインも完備。
共同執筆者の斉藤さんが、資料関係は全てやってくれたので、会計報告書、各種税務報告書等の日中対訳対応も含めて、充実したものができあがった。

また、週末は、明日香出版から2月9日出版予定の、「知りたくなくても知っておかなきゃならない 中国人のルール(1,575円:税込)」の最終稿の確認を終わらせた。
これも、初企画という感じの本なので売れてほしい。

そんな感じで、Eラーニングを含めて、2010年11月~2011年2月まで、4ヶ月連続出版の作業が終了した。
大変だった。
特に、年末はしんどくて、疲労のあまり酒を飲むと、すぐに居眠りする状況であった。

ただ、4ヶ月連続出版というのは、執筆者としての自己満足的な達成感にはなるのだが、毎月出るので、本のプロモーションもしにくいし、読者の方も、「また何か本の案内が来たぞ」という感じになってしまう。
連続になってしまったのは偶然であるのだが、もう、数ヶ月連続という出版はしないであろう。
もう少し間をあけて、じっくり売っていくべきだな、と思う。

また、そんな感じでプロモーションができないままになっていますがNNAから発売の、変わる!加工貿易新マニュアルも昨年末に完成し、販売開始しています。

来料独資転換で50ページ。
その他、転廠に関わる増値税等、10年間の研究の集大成と言う感じで書き下ろしていますので、是非。

よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です