雪の中鬼太郎の会(改めスナフキンの会)を開く

第3回鬼太郎の会を行った。
今回の宿泊は、上海虹橋美爵酒店(仙霞路)。
会場の黒三娘は歩いて15分なので、雪が降る寒い中を会場まで歩く。
NNAの三井さんが一番乗りして、4人分の席を確保してくれていた。

店は満員。
相変わらずサービスらしいサービスがないのが、ある意味この店の素朴な良さだ。

料理は、ピータン、蒜泥白肉、麻婆茄子をまず頼み、ビールを6本飲む。
それから、五糧液。
一本1200元くらいするので、店の人が、「本当に頼むのか」と何度も念を押す。

酔わない様に、麻婆豆腐とジャガイ炒めと白菜炒めを頼み、白米と揚州炒飯も頼む。
麻婆豆腐を大辛と頼んだのに、たいして辛くないのでがっかりだ。
日本人と見て、辛さを加減されたか。
全く問題ないので、店の方も、もう少し気合を入れてほしいものだ。

結果、白酒は2本飲んだのだが、2002年に福州で白酒に泥酔した悪い記憶があるので、いまいち白酒は進まない。
用心して飲んでしまう。

と、女性の酒豪の林さんが僕を見て、「勝ちましたね」と切り捨てる様な発言をする。
う~ん、負けてもいいか。
年齢が違うし。

そんな感じで四川料理を食べ、4人中3人が浦東在住なので、浦東に移動してカラオケボックス。
飲んで騒いだ一夜であった。

尚、鬼太郎の会は、やはり会の名前がおどろおどろしくて、参加希望者が減るという理由で、スナフキンの会に名称変更となった。

さて、次は誰が新メンバーになるのであろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です