香港と肇慶市共同セミナーに参加するため日本に

香港政府(香港投資署)と広東省肇慶市政府の共同主催セミナーでスピーチを要請されたので、香港から東京に移動する。

今回は、香港政府の招聘という事で、飛行機はビジネスクラス、講演場所の帝国ホテルに宿泊という、ゆったりした出張。

思い出すのは、2002年。
やはり、香港政府と広州市政府の共同主催セミナー(やはり帝国ホテル)にスピーカーとして招かれた事があったが、あの時は、僕も初めての本を出して間が無い時(つまり、あまり名前が売れていない時)だったので、なんと旅費自己負担。
感謝状とお茶をもらっただけであった。
「これはひどい」と思った当時の僕であったが、今回は、丁重に扱ってもらったので感謝。

勿論、5年前のセミナーは、香港政府と広東省の政府機関の共同誘致活動の第一弾(少なくとも、日本では第一弾)という記念すべきイベントで、それに参加できたのは楽しかった。
また、香港投資署(Investment Hongkong)には、後日、マイクローズ署長との面談をアレンジしてもらったり、ヘンリータンとの会食会に招待してもらったり、色々気を遣って頂いたので、結果的には参加して正解というセミナーであったのだが。


成田に到着したのが午後4時。
その後、帝国ホテルに直行して、懇親会に参加する。

2002年当時は、懇親会は、香港側、広東省側で別々だったが、今回は両政府機関一緒。
和やかな雰囲気での会食に、香港返還10年という時間の流れを感じる。

40人程度の会食だったし、講演者の中では一番若いので、寛いだ席に座ってのんびり会食できるかな、と密かに期待していたら、マイクローズ署長の隣。肇慶市長の斜め前。中国大使館の方の前という席で、日本語で雑談、という雰囲気とは程遠い状況であった。

とは言え、マイクローズ氏が、意外に気さくな方だったので、会話はそれなりに楽しかったし、酒が回ってきたら、一緒に、ロッドスチュアートの歌を歌ったりした。
それはそれで寛いで2時間を過ごす。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です