悪女に深夜呼び出されると

昨日の電話の件。
上海大劇院から出ようとすると電話が鳴った。
なんとなく予感があったが、やはり上海悪女である。
虫の知らせというのはあるものだ。

悪:水野さん。シャンティに行くんですが、水野さんのボトル飲ませてください。
水:金払いなさい。
悪:まあ、そう言わずに。皆で水野さんの到着を待ってますから来てください。
水:まだ食事してない。水野のボトル飲んでていいから待ってて。

という感じで、なし崩しで参加が決定。
会社の宴会の2次会との事で、隣で「水野さんに早く来るように言え~」と、いかにも酔った感じの男性が叫んでいる。
「これはかなりきつい状況になったようだぞ。NNA三井さん深夜呼び出し事件の再来か!?」と思ったが、食事したら顔を出す事にして、まずは食事をする。
何分、劇場を出たのが10時。食事開始したのが10時半なので、行動が遅めになる。


シャンティ到着が11時45分。
業務提携先でもない会社の宴会の2次会に出るのは如何なものかという気もするが、まあ、相手は酔っ払ってるようだしどうでもいいかと考える。

店の方から、「お待ちの方々は個室にいます。だいぶ酔ってますから気を付けてください」と、神妙な顔で言われて、中に案内される。
幸いな事に、既に、一団は体力を消耗したようで、中に入った時は、1名(男性)が潰れており、他の女性3名は、まずまず静かに話をしているところであった。

その後、0時半頃、悪女に電話がかかる。
彼女に惹かれる英国人らしい。
「welcome !」と気軽に言って、この時間から彼を呼び寄せる悪女。
なし崩し的に英国人の参加が決定。
彼の到着は0時50分頃。

自分で呼んだ割には、「この人は英語できます」とさっと僕に対応を振る悪女。
「初対面の英国人男性と、この状況で何はなせというんだ!?」と思ったものの、やむを得なく、「香港行ったことある?よく行くの!そう、じゃあ、さぞかしランカイフォンで飲んでるんだろうねぇ」と意味の無い会話をする僕。

意味の無い会話ついでに、「今日は13日の金曜日だねぇ」というと、「いやぁ、今日は○○(悪女の名前)に昼と夜で2回も会えたから、僕にとっては13日の金曜日はラッキーデーさ!」と、遠くを見る目で語る英国人。

いやぁ、悪女もてるね。
日本人にゃあ、こんなセリフは吐けんなぁ。

そんなこんなの会話に疲れ(といっても、10分もたっていないけど)、「まあ、俺が相手する義理はないよなぁ~。疲れたから1杯飲も」と思って2階のカウンターに行く。
一人で焼酎の水割りを飲んでいたら、「何やってるんですか。帰りますよ!」と呼びに来る悪女。

取り合えず、方向が同じ4人でタクシーにのる僕たち。
来て20分で取り残され、きょとんとする英国人を残してタクシー発車。
「悪く思わんでくれ英国人。すっかり酔って眠いのさ」と、取り残される彼の姿に思いをはせる。
帰宅は午前1時半。

ミュージカルの余韻は消えてしまったが、慌しくも楽しい夜はこうして終わったのであった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です