一人焼肉の次は一人鍋

夜8時過ぎに広州に到着した。
車中でずっと原稿を書いていたので、何とか、明日香出版の香港投資ガイド(厳密に言えば、シンガポールガイドとの抱き合わせ)の追加原稿が完成した。
本を出した事がない方だとピンとこないと思うのだが、執筆者が本を書上げた後、出版社が誤字脱字を修正して出版、という訳にはいかない。
出版社の意向に沿わない文章は、ボツになったり、修正依頼が来たりする。
書いている時は、締切に間に合わすのに必死なので、文章が荒れている部分もあり、これは直さなくてはならない。
そんな訳で、今回は、(本のイメージと違うという理由で)原稿が5個ボツになったので、他の内容で書き直し。
あと、荒れている文章等を修正したので、なんだかんだで4日間の作業となってしまった。
ただ、総論としては、直した方が良かったなと思うので、その点に付いて感想を述べれば、編集者はこれで飯を食っているだけに、よく見ていると思う。
一方、自分が出したい文章を、出したいように本にするために、子会社のチェイスチャイナが出版権を取得した訳だ(1冊目が、先月出した中国PE課税)。
ただ、それでも、文章の見直しは必要なので、PE課税の本は、編集者と3回以上のキャッチボールが有った。
本というのは、書き終わってからが、一苦労だ。

ホテルに付くと、原稿を送信して食事に出かける。
いつもの「はちべえ」。

実は、初心に戻る一環として、会社として冗費節減の方針を立てたのだが、皆な、日頃から切り詰めてやってくれているので、冗費と呼べるものがほとんどない。
かろうじて冗費と呼べるのは、僕の交際費程度なので、何のことない、冗費節減=自分に対する交際費使用禁止令である。
まあ、体も疲れているし、それはそれでよいか、と割り切るのだが、結果、一人で食事をする事がめっきり多くなった。
一人焼肉、一人鍋、自炊・・・
という訳で、今回は一人鍋。
もつ鍋が、野菜が豊富で良さそうだ、という判断。
キャベツがたっぷり入っているので、当たりであった。
もつ鍋、餃子、そしてビール1杯と、焼酎お湯割り3杯。

ついでに、スープを足してもらって(5元)、麺のトッピング(20元)をもらって半分食べる。
飲み過ぎず、食べ過ぎずで、早めの就寝。
翌日朝9時からの、JETRO相談会に備える。
因みに、お勘定は220元で、香港の相場と比べると、やはりリーゾナブル。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です